棒だらの販売ページ

棒だら【棒鱈】

水で戻してから調理してください。アフリカ系外国人の方にも人気です。

 

【内容量】 3本一束で約200~300g

【原材料】 タラ

【原産地】 北海道

 

【賞味期限】冷暗所、冷蔵庫で約4~5ヶ月 冷凍庫で約1年

棒鱈アップ
棒鱈定規

棒だらの調理方法

おせち料理にも食べられる棒だら煮が有名ですが、普通に汁物や、外国料理ではカレーなどにも入れるそうです。今度試してみようと思います。

棒だらの戻し方

棒だら料理はいろいろありますが調理する前にまず水で戻す必要があります。

棒だらのこぎり画像

 器に入るように棒だらをカットします。のこぎりや包丁等でカットしたい場所の両面の皮に切れ目を入れます。

棒だらカット画像

 そうすると簡単に棒だらを折ることが出来ます。

棒だら日本酒画像

水に日本酒を少し入れると風味が増しますのでお試しください。

棒鱈冷蔵庫画像

水で5-7日かけて戻します。冬季を除き冷蔵庫にて保管して下さい。水も出来れば毎日、無理なら2日に一度は取り替えて下さい。根気のいる作業ですがその分、生では味わえない風味が待っています。

棒だらの簡単煮付け

棒だら煮付け画像

戻した棒だらを簡単な味付けで圧力鍋で煮てみましょう。

⓵戻した棒だらのヒレ、エラを取り除き、一口サイズにカットします。お腹の皮も取り除いた方が良いですが面倒くさいならそのままでも結構です。

 ②余裕が有れば下茹でして臭みをとりましょう。お茶の出し殻でもいいので一緒に2-3分煮てください。写真は賞味期限の切れたパックのお茶です。

棒だら茹でる画像

③水を取り替えて棒だらを水から煮ていきます。今回は料理酒、めんつゆ、砂糖での味付けで調理してみました。

入れるタイミングとかありますが面倒くさいならば最初から入れても良いでしょう。

棒だらあくとり画像

 ④煮立ったら蓋をする前にアクをとりましょう。面倒ならば飛ばしても良いですがやったほうが良いとは思います。

⑤圧力鍋の蓋をして圧力がかかったら火を止め、圧力が落ちて蓋が空くようになったら蓋を取り冷ましたらまた蓋をして火をかけることを3-4回繰り返します。他の調理の片手間に1-2日かけて作る気持でやると時間効率も良いし味もより染み込みます。

棒だら煮付け画像

⑥最後は煮詰めて汁気を飛ばします。

棒だら完成画像

生にはない独特の食感が癖になりそうです。今回は棒だらだけでしたが、大根、人参、エビイモ等と煮込みます。

棒だらの保存方法

棒だら冷凍画像

湿気を避けることが長期保存のコツですので冷暗所もしくは冷凍庫での保存をお勧めします。

冷凍保存の場合は袋に入れ口を縛ってから入れて下さい。

保存期間の目安は冷暗所で4-5ヶ月、冷凍庫で約1年です。

棒だらの栄養成分

 

100g当たり栄養成分

一食当たり栄養成分

30-49歳男性一日当たり栄養所要量 30-49歳女性一日当たりの栄養所要量

エネルギー(kcal) 

     2450 1975 

タンパク質(g)

     70 60 

脂質(g)

    54-68(1g9kcalとしする) 54-68

カルシウム(mg)

   

600

600

鉄(mg)

    10 

10-12 

ビタミンA(μgRE)

   

600-850(必要-推奨)

500-700

ビタミンB1(mg)

    1.0  0.8 

ビタミンB2(mg)

    1.35 1.1 
ナイアシン(mg)     16.5 

13.5 

ビタミンC(mg)

    50   50

ビタミンD(μg)

    50(目安) 50

リン(mg)

    1000 800

ナトリウム(mg)

    600 600

カリウム(mg)

    2500-3000(必要-目標) 2000-2600

マグネシウム(mg)

    310-370(必要-目標) 240-290

亜鉛(mg)

    8-10(必要-推奨) 6-8

銅(mg)

    0.7-1(必要-推奨) 0.6-0.8

飽和脂肪酸(g)

    15以下 13.8以下

一価不飽和脂肪酸(g)

     20.6(中央値)  17.7

多価不飽和脂肪酸(g)

※DHA,EPA含む

     ~15(飽和脂肪酸との割合)  13.8

 DHA(mg)

    1000以上(EPAとの合算) 1000以上

 EPA(mg)

    1000以上(DHAとの合算) 1000

食塩(g)

     ~8.0(推奨)  ~7.0

プリン体(mg)

     ~400mg  ~400mg

棒だらの関連商品