の販売ページ

干しエビ【アミエビ】【アキアミ】赤 白

干しエビ赤画像大
干しエビ白画像大

別名アキアミとも。オキアミはプランクトンですがアミエビはサクラエビ科のエビです。同じサクラエビ科に関わらず、サクラエビと比べてコストパフォーマンス率が圧倒的です。うまく例えることができませんが歴史シミュレーションゲームの三国志でいうと諸葛亮より呂蒙あたりを重用する感じでしょうか。赤、白の二種類。

 

【内容量】 200g

【原材料】 (赤)エビ 食用赤色102号 (白)エビ 

【原産地】 大連(中国)

 

【賞味期限】冷暗所で約4ヶ月 冷凍庫で約1年

干しエビ赤画像

干しエビ白画像

干しエビの調理方法

 干しエビもしらす・ちりめん同様なんにでも使えます。野菜炒め、かき揚げの衣に混ぜる、炊き込み御飯、出汁、焼きそば、お好み焼き、今やアメ横名物となった麻辣湯の中にも入っています。

インスタント麺に入れる

干しエビ焼きそば

インスタント焼きそばで寂しいときも干しエビをふりかけるだけでエビ焼きそばに

インスタントラーメンで寂しいときも干しエビを入れてマレーシア風エビラーメンに。


赤エビを使った炊き込み御飯

干しエビ炊き込み御飯画像

 干しエビの赤をメインに丸茂商店の商品を使った炊き込み御飯です。

材料

●干しエビ(赤)

●するめ

●ちりめん

●日高昆布

○鳥ガラスープの素

○料理酒

○醤油

を入れて炊きこむだけです。材料の量は気分によって適当に。私はちりめんは出汁をとる為と考え少な目にしてます。調味料もあまり濃い味にせず食材の風味を楽しむのがいいかもしれませんがあくまでもお好みでどうぞ。

妻も2歳半の娘もおいしいと言ってくれました。色鮮やかになるので娘も喜んでくれました。右上も当店の茎わかめとしらすの炒め物です。

干しエビの保存方法

干しエビ保存画像

冷暗所で4-5ヶ月、冷凍庫で約1年とかなり保存が効きます。ジップロックで外気を遮断して保存して下さい。夏季は冷凍庫での保存をおすすめします。

干しエビの栄養成分

 ※数値は「さくらえび 素干し」のものです。参考までにと言いますが同じサクラエビ科なのでほとんど変わらないと考えられます。

 

100g当たり栄養成分

1食5g当たり栄養成分

30-49歳男性一日当たり栄養所要量 30-49歳女性一日当たりの栄養所要量

エネルギー(kcal) 

312  15.6  2450 1975 

タンパク質(g)

64.9  3.25   70 60 

脂質(g)

4.0  0.2  54-68(1g9kcalとしする) 54-68

カルシウム(mg)

2000  100 

600

600

鉄(mg)

3.2  0.16  10 

10-12 

ビタミンA(μgRE)

(Tr)   

600-850(必要-推奨)

500-700

ビタミンB1(mg)

0.17  0.009  1.0  0.8 

ビタミンB2(mg)

0.15  0.008  1.35 1.1 
ナイアシン(mg) 5.5  0.28 16.5 

13.5 

ビタミンC(mg)

  50   50

ビタミンD(μg)

(0)    50(目安) 50

リン(mg)

1200  60  1000 800

ナトリウム(mg)

1200  60  600 600

カリウム(mg)

1200  60  2500-3000(必要-目標) 2000-2600

マグネシウム(mg)

310  15.5  310-370(必要-目標) 240-290

亜鉛(mg)

4.9  0.245  8-10(必要-推奨) 6-8

銅(mg)

3.34  0.167  0.7-1(必要-推奨) 0.6-0.8

飽和脂肪酸(g)

0.59   0.03 15以下 13.8以下

一価不飽和脂肪酸(g)

0.63 

 0.03  20.6(中央値)  17.7

多価不飽和脂肪酸(g)

※DHA,EPA含む

0.75  0.04  ~15(飽和脂肪酸との割合)  13.8

 DHA(mg)

310 15.5 1000以上(EPAとの合算) 1000以上

 EPA(mg)

240  12  1000以上(DHAとの合算) 1000

食塩(g)

3.0 0.15   ~8.0(推奨)  ~7.0

プリン体(mg)

749.1(干しエビ) 37.46   ~400mg  ~400mg

カルシウムや金属系、特に銅が高いのが目につきます。脂肪分も少なくヘルシーです。プリン体は一食あたりの量ならたいしたことはないのですがどか食いには気を付けて下さい。

干しエビの関連商品